ショーペンハウエルの幸福論

c0269468_03359.jpg


・ショーペンハウアーだけあって、緒言からしてひねくれている。
彼は、自分の哲学が否定している迷妄的な考えを、あえて前提にして大衆に迎合する形で幸福論を書くという。 その迷妄的な考えとは、「人間は幸福になるために生きている」という考えだ。
なぜわざわざそんなややこしいことをしたのだろう。
当時生活に困っていたから、売上ほしさに大衆の望む言葉をあえて書いたのだろうか。 そんな器用なことが出来るのだろうか。 一体誰が心にも正しいと思っていないことを、つらつらと一冊の本にまで書き上げることができるだろう?

ひょっとしたら彼も幸福になれるかもしれないと心のどこかでは信じていたのではないかと思う。
本作の本文にあるように、人のありかたが優れており、精神的享楽を享受でき、哲学的思索をするのに十分な余暇を獲得し、心がいつも朗らかで、そしてなにより健康であれば、幸せといってよいのではないのか。
これを確かめるには、彼の主著である、「意志としての世界と表象としての世界」を読む必要があるだろう。私は未だに読んでいない。

・彼の幸福論の大きな特徴の一つとして、他者と交わることを否定している点がある。社交界という世界では、精神的資源の乏しい者たちが退屈まぎれに乱痴気騒ぎをしているだけであり、精神的に豊かな者にとっては全く参加する価値の無いものだと彼は言う。ショーペンハウエルにとって、かくも彼自身は優れている一方で、彼が生きた時代の他者は愚かにみえたということの反映であろう。
 ここでも引っかかるのは、なによりの反例であるゲーテの生き方をここで批判しないということだ。晩年のゲーテに仕えたエッカーマンの書いた「ゲーテとの対話」を読めば、ゲーテが社交を好んでいたことは明らかである。彼自身こうも言っている。「結局われわれはどう立ちまわっても、みな集合体なのだ。というのは、最も純粋な意味で自分の所有だと呼び得るものを、我々はごく僅かしか具有していないからである。われわれは、みな先人からも同時代の人からも受け入れ且つ学ばねばならない。最大の天才でさえも、自分の心にだけ頼ろうとしたら、大したことは出来ないだろう。」
ショーペンハウエルは、自身の考えと全く正反対な道を歩んだゲーテに対してどんな思いを抱いていたのだろうか。

・p114から154まで飛ばしてもよい。騎士道精神うんぬんはもはや現代の日本人にはピンとこないからだ。


しかしこれらの批判を差し引いてもなお、この本は幸福や人間心理に関する鋭い考察に満ち溢れた偉大な古典であると思う。これまでの人生で読んだ本の中で最も実用的で価値のある本の一冊に数える。

[PR]
by healthykouta | 2013-05-01 00:34 | 読書 | Comments(4)
Commented by at 2014-02-21 16:28 x
私は彼の全集を数十年前に読み始め彼の著書は機会あるごとに読み彼の思想はよく知っていると思います。あなたは彼の本をよく読んでないのに感想を書いている。彼は人間は幸福になるために生きている等と言っていません。幸福になるためと考えている人間は間違った目標を掲げていると言っているのです。ゲーテがそう言ったのは事実ですが、ゲーテは過ちを犯したと彼は思っていた。人間が集合体としての価値だと言っても、思慮なく多くの人と付き合えば天才は自分の仕事が出来なくなる。集合としてと言う意味は人と付き合えと言う意味ではない。恋愛については彼だけでなく多くの才能ある人々が所詮、愛の対象が道徳的知的にも欠点だらけの変化し美を失う女と言う現象の末路は皆、感じていたことです。よく本を読むことですね。彼は見かけよりずっと良い人間だったと思います。彼が悲観主義者だったのは、今の世界にあふれる動物人間の未来へであって人間の中の高貴な性質へではありません。
Commented by k=the tsuneyosh at 2014-02-22 07:22 x
the tsuneyoshと言うidでアマゾンにコメントを書いています。ショーペンハウエルは長く深く読まなくては理解できません。あなたは上面だけ読み彼を批判している。彼もこのやり方をよく知っていた。人は批判する時作者と同等になれると。彼は現代の世界の状態に最も必要とされる 最もうまい説明をした人です。若い人は理解できないと思います。私も若い頃は20代の頃すでに10代で学んだショーペンハウエルは超えたと思っていた。非常にうぬぼれ屋さんでした。20代でアメリカで臨死体験を学んだのです。当時、まだ日本では言葉すらできていなかった。まあ、自分で人生体験を積み、この世の悲惨さを確認することです。人間は見かけ以上に悪く、道徳的にも救いようがない。まだ、若いあなたは反発を感じるでしょうね。最近はアセンションとか言う言葉がはやり私も期待していましたが世界は相変わらずあまり変わっていません。現実的な心理学者であるショーペンハウエルをよく勉強することです。後に合点ゆくことが沢山でてくるでしょう。
Commented by kenkouta at 2014-02-22 12:18 x
コメントありがとうございます。
もちろん私の読解には彼の思想の誤解があることでしょう。
彼のいうように、「人はその能力の範囲でのみ物の価値が理解できる」ことですし。

”彼は人間は幸福になるために生きている等と言っていません。
幸福になるためと考えている人間は間違った目標を掲げていると言っているのです。
ゲーテがそう言ったのは事実ですが、ゲーテは過ちを犯したと彼は思っていた。”について、
私が不思議に思ったのは、「人間は幸福になるために生きている=迷妄」だと確信していた
とすればするほど、なぜ彼は自身の哲学を全く度外視して、その迷妄を許容してまで幸福論を書けたのか
ということです。普通人は、自分が間違っていると思う信念を前提にして、300ページ以上
「幸福論」を書き上げることなんてことはあほらしくてできないと思います。それがいまでも信じがたいのです。
Commented by k at 2014-02-23 07:34 x
幸福論と言うタイトルではなく英文で「aphorisms on the wisdom of life」と書いています。彼の全集の11巻目は290円でアマゾンで販売されています。私はオックスフォードの英語版でしか確認できませんが、非常によくできた翻訳です。幸福の定義が生きるという意志を捨てた人間へのものであり、この生きると言う意志の最大の見本が性欲です。彼は動物の生活を止め人間としてより優れた生活を送れる人向けに書いたと思います。確かに彼の著作は全く人間の幸福を否定しているように見えますが、少しはあることを否定していません。食とセックスは実行できる人はほとんどいないので日本で彼の本を読んだ人は皆、後で妥協して結婚したという話を若い頃、聞きました。彼は自分の著書を一部の妥協しない人間のため書いたのです。「私の後世の子供達よ、人間動物に気をつけ生き抜け」とね。彼の生き方は個人主義であり、一般の日本人にもできないと思います。ですから、皆、単なる教養として本棚を飾るため購入する人が多いようです。彼はユーモアがあり「意志と表象としての世界」の序文にその使い方を推薦しています。