<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ジョン・ダワーの「敗北を抱きしめて」は感動的な歴史研究です。

通読する時間がない人にも、どうしても知ってほしい記述を2か所引用します。


①下巻p379

『このあと(1951年のサンフランシスコ平和条約の翌年:筆者補足)間もなく実施された世論調査では、「日本が独立国家になったか」との問いに「はい」と答えた者は41%しかいなかった。

ここにあるのは、ひとつの分裂した国であった。沖縄は文字通り分離されていたし、日本が世界のなかでどんな位置を占めるのかという問題についても、日本人は感情的に引き裂かれ不安な状態にあった。しかし、日本人がもっとも分裂したのは、政治に関する考え方の面であった。のちに、吉田茂はこの点を説明するのに分割された朝鮮半島のイメージを借りて、「占領は、日本人の心に38度線を走らせた」と述べた。吉田の言葉は、リベラル派や左翼の立場にたつ反政府勢力の登場をさしていた。この反政府勢力は、占領が元来めざした「非軍事化と民主化」の理想をひきつづき追求すべきだと主張し、日本がパックス・アメリカーナに編入されることに反対し、アメリカが保護している保守政治家・官尞・大企業経営者の権力配置に対して、仮借ない批判的態度をとっていた。多くの著名な知識人がそうであったし、マス・メディアの多くも、組織労働者の中に根強い力を保っていた左翼勢力も、こうした批判的な立場をとった。当時、戦闘性を増していた共産党を支持した人々も同様であった。』


占領軍が当初目指していた人類の理想ともいうべき非軍事化と民主化の理想は、戦後統治に天皇制が必要だという考えと、共産主義陣営との冷戦において占領軍が方針転換(逆コース)したことで徹底されなかった。天皇の戦争責任を問わず、過剰に検閲を行い表現の自由を奪い、朝鮮戦争に際しては警察予備隊を創設し、占領軍が官僚組織の模範として振る舞い、日本の官僚組織を強化したこと(p390~391)などで。


しかしその理想を支持し続けた日本人が、今もいるということ。戦争を経験していない戦後世代にもその思想が受け継がれているということ。この起源は占領時代にあった。占領がこんなにも長く、70年後の日本社会をも縛るものなのかと感心した。これまで読んできた日本人が書いた本には、「占領軍が19451951年に行ったことが、日本社会にどのような影響を残したか」について述べたものがあまりなかったため、大変新鮮だった。


②下巻p394

『(戦争と敗戦を自ら体験した:筆者補足)この世代のエリートたちは、後継者たちにひとつの未解決の問いを残したということである。――日本はどうすれば、他国に残虐な破壊をもたらす能力を独力で持つことなく、世界の国々や世界の人々からまじめに言い分を聞いてもらえる国になるのか?この問いこそ、「憲法9条」が残し、「分離講和」が残し、「日米安保条約」が残したものである。(中略)憲法9条の精神に忠誠を誓えば、国際的嘲笑を招く。――それは1991年の湾岸戦争で、イラク攻撃のために日本が実戦部隊を派遣せず資金だけを提供した時、あざけりを受けた心痛む経験によって明らかになった。他方、憲法9条を放棄すれば、日本は過去の敗北を取り消そうとしているという激しい抗議を招くことは疑いの余地がない。』


孫埼亨氏の「戦後史の正体」は、占領中から独立回復後、歴代の外交官や首相が対米従属と自立路線の間で絶えず試行錯誤してきたことを示している。逆コースの中、政界に復活を果たした日本の旧保守勢力を代表する岸信介。その孫である安倍晋三は「新しい国へ(美しい国へ 完全版)」でこの点を引用し、自衛隊を海外へ派遣する必要性を述べている。


『湾岸戦争が終わって、クウェート政府が「ワシントンポスト」紙に掲載した「アメリカと世界の国々ありがとう」と題した感謝の全面広告の中には、残念ながら日本の名前はなかった。このとき日本は、国際社会では、人的貢献ぬきにしては、とても評価などされないのだ、という現実を思い知ったのである。(p140)』


もちろん上の問いは憲法改正の是非にも関わる。アメリカの核の傘の下に入り、集団的自衛権を行使できるようにして日米関係を強化することで、行使しなくても軍事力を抑止力として持たなければ、自国の安全・平和は確保できないと考える人たちがいる。それが国際政治のリアル(≒普通の国)だと。


他方でそれはアメリカに従属することに他ならない、日本は敗戦の経験を生かし、理想的な平和憲法の理念にのっとって、軍事力なしに独自の道を進むべきだと夢見る人たちもいる。藤原正彦は「国家の品格」で、国家の品格はそれ自体が防衛力であり、日本が昔から持っていた卑怯を憎む心、惻隠の情、美的感受性、望郷の心、自然との調和、武士道精神などをもち、欧米をはじめとした、未だ啓かれていない人々に発信すれば、戦争を阻止する有力な手立てになると主張している。


[PR]
by healthykouta | 2017-06-09 09:47 | Comments(0)